パニック障害は薬で発作を軽くしてから認知行動療法を行います

パニック障害の薬物療法

 

パニック障害の治療法には、薬物療法と精神療法(認知行動療法など)の2つの柱があります。

 

どちらの方法も、単独で行っても有効ですが、より効果をあげるには併用が望ましいとされています。

 

薬物療法はパニック発作によく効き、不安感をやわらげてくれます。

 

発作をコントロールすることは、特に発作がひんぱんに起こる急性期には重要です。

 

そこでまず、薬によって発作を抑える治療を行います。

 

パニック障害の治療薬は、主に抗うつ薬の「SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)」とベンゾジアゼピン系の「抗不安薬」が使われます。

 

それぞれに特徴がありますが、現在はSSRIを第一選択薬とし、必要に応じてベンゾジアゼピン系の抗不安薬を用いるのが世界共通の使い方の様です。

 

一方、精神療法は、まず薬で発作を軽くしてから認知行動療法を行うことが推奨されています。

 

ただし、精神療法には、患者さんや家族に病気への理解を深めてもらう心理教育やカウンセリング(支持療法)もあり、これらは治療をスタートする当初から行ったほうがよいとされます。

 

【スポンサードリンク】

 

患者さんの状態にあわせ適切な治療法を選ぶ

 

薬物療法にも精神療法にも、メリットとデメリットがあります。薬物療法のメリットは、医師の指示通りに服用すればよいので、取り組みやすいところです。

 

ただし、副作用や依存性の問題があります。また、中止をすると効果がなくなりやすいので、対処が必要です。

 

一方、認知行動療法(精神療法)のメリットは、薬に頼らず治療ができ、再発率が低いことです。

 

認知行動療法には、脳内の機能異常を改善する働きがあることがわかってきており、薬を使わず認知行動のみでパニック障害を治療できることも知られています。

 

ただし、認知行動療法は、効果があらわれるまでに時間がかかり、また実行するには強い意思と根気が必要です。

 

さらに、日本では実施している医療機関や指導する専門家が少なく、費用がかかるという難点もあります。

 

現作、パニック障害の治療法は薬物療法が優先されていますが、患者さんの症状の特徴や重症度、急性期か慢性期かなどによっても違ってきます。

 

その人の状態にあわせ、適切な治療法を選択することが大切です。


【スポンサードリンク】