パニック障害では家族が不安や恐怖をもっている患者の心を理解しましょう

家族団らん

 

パニック障害の人の療養生活は、身近な存在である家族の対応によって大きく行方が左右されるといっても過言ではありません。とはいえ、過剰に神経質になる必要はありません。病気を正しく理解した上で、世話を焼きすぎず、必要なときには手をさしのべるという態度で接すればよいでしょう。

 

患者さんに接するときのヒントとして、背景にある患者さんの心を少し考えてみましょう。

 

一つは、パニック障害の人の「感応性」の高さです。感応性というのは、相手の気分を敏感に察知して、その気分がまるで自分の気分のようになってしまうことです。ですが、パニック発作か起こって家族があわてふためいたりすると、患者さんも影響を受けてますます不安になります。

 

パニック障害の患者さんには、発症する前から対人恐怖的な心性を持つ人が多いようです。人からの評価を過度に気にし、マイナスの評価をおそれます。しかられると自分が否定されたと思い、心の傷が深くなります。

 

そして、パニック障害の患者さんは「こわがり」でもあります。パニック発作は、健康な人には想像ができないほどの不安や恐怖におそわれるもので、死を覚悟するほど強烈です。一度こういった経験をすれば、臆病になるのも無理はありません。

 

患者さんには、それぞれ、その人なりの「発作が起こりそうな場面」があります。ふつうの人にとっては何でもない場面でも、本人は「もし発作か起こったらどうしよう。いやきっと起こる」と怖がります。

 

【スポンサードリンク】

 

 

ある患者さんは、高層ビルの近くを歩けませんでした。ビルが倒れてくると思うだけで発作が起こる、というのです。こうした恐怖感に対して励ますつもりで「何もこわいことはない」といっても、本人は「やっぱりわかってもらえない」と孤立感を強めるだけです。

 

それよりも、患者さんは「助けを求められない状況」をおそれているわけですから、「そばにいるから大丈夫」といってあげることが大切です。

 

まわりの人は、患者さんの「こわがる」気持ちに理解を示しつつも、決してあわてず、落ち着いた対応をすることが大切です。パニック発作が起きたとき、周囲が大騒ぎすればするほど、患者さんの不安感や恐怖感は強まります。

 

そうしたときは、むしろいつもとかわらない家族の冷静さが、患者さんの不安感や恐怖感を弱めてくれます。

 

家族が心がけたい患者さんへの接し方

  • 発作が起こっても「あわてず、騒がず、冷静に」。発作はいずれおさまるからと患者さんを落ち着かせる。
  • 家族は、励まし役というより、患者さんの存在そのものを受け止める「受け皿」となる。
  • 患者さんの病状は変化する。−喜−憂せず、いつもとかわらない」接し方で。
  • 患者さんの「よいところ」や「できていること」に目を向け、認める。
  • 心身が不安定な愚者さんには、「おおらか」に「ゆったり」と接する。

 


【スポンサードリンク】