パニック障害の発作がおさまるころにうつ病があらわれます

うつ病の女性

 

パニック障害は、うつ病を併発すると、重症化しやすくなります。家族は患者さんの様子に気を配り、うつ状熊が疑われる場合には、早目に医師に相談することが大切です。

 

パニック障害で見られるうつ病は程度が軽い場合は、気分の落ち込みよりもやる気のなさが目立ちます。ものごとへの関心が薄れ、無気力状態となります。放置すると、かなり長引きますので、早く対応することが大切です。

 

もう少し症状が重いのが、非定型うつ病の特徴をそなえた「パニック性不安うつ病」です。ふつうのうつ病とは症状がかなり異なるため、うつ病とは思わず見過ごしがちですので次のようなポイントに気をつけ見てください。

 

【スポンサードリンク】

 

発作が軽くなっても安心しない

パニック性不安うつ病は、パニック障害が慢性期に入り、発作が軽くなったころにあらわれやすくなります。本人も家族も、発作が起こらないので、パニック障害はよくなったと思い、「体が重い」「意欲がわかない」「いくら寝ても寝足りない」といった症状があっても、単なる不調と考えがちです。

 

しかし、ここでの治療が大切です。パニック性不安うつ病は治りにくく、一度症状が出ると、数年はよかったり悪かったりをくり返します。うつ病がよいときはパニック発作が、パニック発作がなくなるとうつ病が、というように、うつとパニック発作がシーソーのように交互ににあらわれます。

 

治療には、SSRIをベースに、三環系抗うつ薬、気分安定薬(気分調整薬)、向精神病薬などが使われます。

 

 

特徴は気分反応性があること

パニック性不安うつ病の特徴的な症状に、「気分反応性」があります。気分反応性とは、まわりの状況に敏感に反応して、気分が大きく浮き沈みすることです。いやなことや悪いことがあると、突然に気分が落ち込んで寝込んでしまうかと思うと、人にほめられたりうれしいことがあると、急に気分がよくなり、元気になります。

 

気分の浮き沈みが激しいので、自分勝手でわがままと思われがちですが、これはあくまでも病気から来ているものなので、「わがまま」「自己中心的」などと非難すると、感情を刺激するだけで、かえって逆効果です。

 

 

ストレス、過労、カゼに注意

パニック性不安うつ病は、ストレスや疲れがたまったり、カゼをひくとあらわれやすくなります。発症後は、ストレス、過労、カゼにはくれぐれも気をつけることが大切です。症状を悪化させ、病気を長引かせる大きなリスクになります。


【スポンサードリンク】