パニック障害では家族が疲れていては十分なケアは出来ません

家族の笑顔

 

パニック障害人にとって、家族はいちばん身近な存在であり、ケアをしてもらう中心人物です。いってみれば、療養生活の空気をつくる「キーパーソン」です。

 

その空気は、できればゆったりとおおらかなほうが、患者さんも安心して生活でき、自分がかかえる不安を小さくできます。

 

しかし、家族にしてみれば、問題が押し寄せてくるのに、いつもおおらかでいられるわけはないと思うかもしれません。

 

次に、いくつかコツを紹介しましょう。

 

心にゆとりをつくるコツ

まず、やらなければならないことを整理してみましょう。

 

患者さんのための用事を第一にして、家庭のことは、必要性に従って、やらなければならないことの優先順位をつけていきます。必要なことがしぼられると、作業の合間に余裕がつくれます。

 

ストレスをためないコツ

家族にストレスがあると、態度や言葉の端々からもれて、患者さんにも伝わります。ストレスは、ゼロにはできなくても、自分で解消できる範囲にとどめるようにします。また、自分なりのリラックス法を身につけることも大切です。患者さんといっしょに腹式呼吸をしてみるのもいいでしょう。

 

パニック障害ではストレスをためないことが重要です」も参考にして下さい。

 

【スポンサードリンク】

 

自分だけの時間を持つコツ

1〜2週間分の自分のスケジュールをつくり、それに、患者さんから離れられる時間を組み込みます。

 

毎日べったりとそばにいて、全部の世話をしていては、患者さんの治ろうとする意欲や自立心を失せます。週単位のリズムなら、患者さんにも家族がいない時間への対処ができます。家族はその時間を、趣味を楽しんだり、友人と会ったりすることに使えます。

 

パニック障害は、回復までに年単位の時間がかかる慢性病です。家族は、自分の体や心も大切にしていかなければ、長期戦を乗り切れません。それには、たとえ短くても自分のために使える時間を大切にすることです。

 

一人でかかえ込まないコツ

まじめな人ほど、さまざまな役割を、一人で抱えてしまいます。あまりにも役割が多いと、気持ちに余裕がなくなり、肝心の患者さんへのケアに熱意が持てなくなることもあります。家族はあれもこれもと自分たちだけでかかえ込まず、公的なサポートサービスをできるだけ活用しましょう。

 

利用出来る専門機関を「パニック障害の患者さんの行動で困った時の対応方法」で紹介していますので、上手に活用するようにしてください。

 

 


【スポンサードリンク】