パニック障害では行動が制限されていても頓服を飲めば動けます

疲れたサラリーマン

 

パニック障害の患者さんは、広場恐怖症のために行動が制限されることが多くなります。場合によっては危険に巻き込まれる可能性もありますので、あらかじめ対処法を知っておきましょう。

 

運転中に発作が起きたら

車を運転する患者さんの多くが、高速道路を苦手とします。発作が起きても簡単に払け出せないと感じるからですが、そう思えば心うほど、不安か強まり、発作が起こりやすくなります。こわいと思う恐怖心が、かえって発作を起こしてしまうのです。

 

運転中に発作が起きそうになったら、まず車を安全な路肩に寄せ、ゆっくりと腹式呼吸をします。ほとんどの場合、発作はそれでおさまります。このような待ったなしのときこそ、腹式呼吸が大切です。

 

また、日ごろから、車には頓服(抗不安薬のワイパックスなど)とペットボトルの水を用意しておくことも大切です。

 

レジに並ぶときは

患者さんの中には、スーパーなどのレジに並ぶことをいやがる人がいます。しかし、話をよく聞いてみると、並ぶのがいやなのではなく、「待つ」ことが苦痛なのです。追いたてられるようで、不安感が増大するようです。

 

対処法としては、できるだけすいている列に並ぶ、並びながら別のことを考える。深呼吸をする、並ぶ前に頓服を飲んでおく、混んでいない小さな店を選ぶ、といった方法があります。

 

電車に乗るときは

電車やバスなどに乗らなければならないとき、患者さんがとれる対処法は主に2つです。1つは、家族など同行者に付き添ってもらう方法、もう1つが、あらかじめ頓服を飲んでおく方法です。

 

ほかには、音楽を聴く、本を読む、ガムをかむ、など、いずれにしても、不安以外のことに気持ちを向けることがポイントです。

 

歯科医院へ行くときは

歯科医院には、患者さんが恐怖を感じる要素がいくつもあります。治療中に息苦しくなる、イスにあおけの態勢で拘束される、治療器具がこわい、歯を削られるのがこわいなどです。

 

対処法としては、まず歯科医にパニック障害であると伝え、配慮をしてもらうことです。あおむけにすわらずに立ったまま、医師がのぞき込んで治療をしてもらったケースもあります。

 

患者さんどうしで情報交換し、理解のある歯科医院を紹介してもらうのもよいでしょう。

 

ただし、病気のことを知らせたくない患者さんは、治療の前に頓服を飲んで対処します。

 

飛行機に乗るときは

広場恐怖症に関し、患者さんがもっともも恐怖する場所・状況を調べたところ、いちばん回答が多かったのは飛行機との報告があります。

 

空の上なので、すぐに逃げられないことが最大の理由です。実際、患者さんに話を聞いても、「飛行機だけはダメ」という人が少なくないようです。

 

対処法としては、搭乗前に頓服を飲むことですが、最悪のことを考えて、電車で行ける範囲であれば電車を使うことも考えましょう。

 

【スポンサードリンク】

 

 

不安な時に助けになるもの

パニック障害の患者さんは、それぞれ自分なりの不安や恐怖への対処法を持っているようです。いくつかのタイプを見てみましょう。

 

下記の方法は、広い意味での精神療法といえます。うまく不安を解消して、行動力を少しずつ高めていきましょう。

 

万が一にそなえる

電車などに乗ったときは、必ずドアの近くに立ち、席にはすわりません。いざというときにすぐ逃げられる態勢をとります。

 

また、外出のときは発作にそなえ、自分を「精神的・身体的に支えてくれるもの」を持ちます。杖、傘、身分証明書など、特に、頓服は行動療法を行うときには欠かせないものになります。

 

周囲に気づかう

患者さんの中には、自分の不安が周囲に伝わることで、迷惑をかけたくない、恥をかきたくない、という思いからサングラスをかけたり、日中ではなく夜に外出する人がいます。周囲の視線が気にならなくなり、気持ちが落ち着きます。

 

気をまぎらす

自分がリラックスできることをしたり、気がまぎれるものを持ったりといった方法は、その人なりの工夫ができ、楽しみもプラスできます。

 

ぺットボトルや飴を持つ(不安や恐怖を感じると、喉はからからになります。水分や穂分の袖給は、ストレスをやわらげてくれます)。

 

音楽を聴きながら行動する(好きな音楽に集中するので、不安がまぎれます)。

 

好きな香りをしみ込ませたハンカチを持ち、不安なときにかぐ(香りには心と体を緊張からといたり、癒す効果があります)。

 

おまじない

「だいじょうぶ」
「きっと打ち勝てる」
「こんなことでは死なない」
「落ちついて落ちついて」
不安なときは、元気になれる言葉をとなえます。自分の名前を呼んでもよいでしょう。自分の客観的状況が見えてきます。

 

家族の写真を持つ(いっしよに行動しないときのお守りがわりになります)

 


【スポンサードリンク】