パニック障害は調査によって明らかになりつつあります

パニック障害の統計

 

パニック障害は、「古くて新しい病気」といえます。

 

病気そのものは、昔からあったのですが、長い間「不安神経症」として扱われていました。

 

パニック障害という病名がDSMに登録されたのは1980年、世界的に統一して使うことが決まったのが1990年、治療に有効な薬(パロキセチン)が日本で認可されたのが2000年です。

 

りまり、日本の医療現場で本格的な診療がはじまってから、まだ10数年しかたっていないのです。

 

パニック障害は珍しい病気ではありません

パニック障害の有病率(病気を持つ人の割合)は、世界各国で行われた調査では1.5〜2.5%とされています。

 

日本では、厚生労働省が2002〜2006年に行った調査によると0.8%とされていますが、実際の臨床の場では、潜在的な患者数はもっと多いと考えられています。

 

2000年代初頭に臨床医を対象に行った調査では、パニック障害と思われる患者さんでも、大部分の医師が「心臓神経症」「自律神経失調症」「過換気症候群(過呼吸)」などと診断していたとされています。

 

つまり、パニック障害は、見落としや誤診か多い病気なのです。さらに、受診率の低さも有病事の低さに関係していると考えられます。

 

【スポンサードリンク】

 

女性に多いが、男性でもなります

もう一つ参考になるのは、2005年に各都道府県の男女を対象に行われた健康調査です。

 

これによると、パニック障害の罹患率(新しく発生する患者さんの率)は3.4%で、米国での調査(3.5%)とほぼ同じ結果が出ています。男女別の罹患率を見ると、女性は5.1%、男性は1.7%です。

 

女性は男性の薬3倍と高いため、パニック障害は女性の病気と思われがちですが、弾性でも発病する人は少なくありません。

 

パニック障害は、100人中2〜4人は発病する可能性があるといえるでしょう。

 

決して珍しい病気ではないのです。

 

また、パニック障害患者が多い米国ではパニック障害の人の苦痛や社会的な障害度は、うつ病の人より高く、心筋梗塞の人に近いしベルにあると報告されています。


【スポンサードリンク】