パニック発作の具体的な症状

パニック発作の俊子さん

 

パニック障害の症状であるパニック発作とは具体的にどのような症状でしょうか?

 

下記に実際の例を上げてみます。

 

激しい動機で心臓病を疑った、俊子さん(35歳)のケース

 

最初の発作があったのは8年前でした。夜、ベッドに入ってうとうととしかけたとき、専業主婦の俊子さん(35歳)は心臓をギュッとつかまれたような気がして、飛び起きました。

 

ドキン、ドキンと激しい動悸がはじまり、息ができないほど呼吸が苦しく、手足がしびれ、めまいのために気を失いそうになりました。

 

いったい何が起こったのか、自分はどうなってしまうのか、このまま死んでしまうのか…不安と恐怖で気が変になりそうになり、家族に救急車を呼んでもらいました。

 

ところが、病院に着いたころには、激しかった症状はほとんどおさまっていました。胸部X綿や心電図の検査をしても、異常は見つかりませんでした。

 

診察した医師からは、「少し不整脈はあるが、治療の必要はない」といわれ、結局、そのまま帰宅しました。

 

それ以来、俊子さんはくり返し発作に悩まされるようになりました。発作が起こっていないときも、「また起こったらどうしよう」と発作のことが頭から離れません。

 

こわい心臓の病気が隠れているのではないかと、あちこちの病院を受診しました。

 

ある病院では「自律神経失調症」といわれ、別のところでは「心臓神経症」という診断を受けて精神安定剤が処方されましたが、発作への不安は消えませんでした。

 

結局、俊子さんがパニック障害と診断されたのは、最初の発作から3年が経っていました。

 

その間に、一人では近くのスーパーにも出かけられないほど、症状は進んでしまっていました。

 

【スポンサードリンク】

 

パニック発作は最初は不意に起こるがしだいにくり返すようになります

パニック発作は、パニック障害の中心的な症状ですが、ほかの精神疾患でも起こりまあう。

 

例えば、社交不安症(対人恐怖症)の人が人前で話さなければならないときや、PTSD(心的外傷後ストレス障害)の人がおそろしい場面に遭遇したときなどに起こることがあります。

 

しかし、社交不安症やPTSDでは、発作が起こる理由(状況)がわかりっていますので、その状況を避ければ、発作をくり返すことはありません。

 

一方、パニック障害の場合は、何の理由もないのに、不意に強烈な恐怖や不安におそわれ、激しいパニック発作が起こります。

 

パニック発作には、息が詰まる、心臓が破裂しそうになる、失神しそうになる、といった身体症状(自律神経症状)がともない、その激烈さがさらなる、不安や恐怖をかきたてます。

 

そしてこの発作は、くり返し起こるため、不安が消えません。

 

いずれにしても、理由がわからない状態ほど不安なことはありません。

 

このケースの俊子さんのように、いくら異常なしといわれても、心臓病のような体の病気を疑い、病院を転々とする人がよ見られます。

 

大切なのは、最初にパニック発作がおこったときです。

 

病院で体の異常がに見つからなかったとしても、パニック発作は精神疾患で起こりやすい症状ですから、改めて精神科や神経科などの専門医を受診し、きちんと診断をしてもらうことが重要です。

 

正しい診断がなされなければ、治療は見当違いのものとなり、病気は時間がたつほど慢性化していきます。

 

実際、俊子さんも広場恐怖症がかなり悪化してしまいました。

 

 

「パニック発作」の特徴

不意に起こり、急速にピークになる

パニック発作は、社交不安症やPTSDなどでも起こりますが、発作を起こす理由や状況があります。

 

一方、パニック障害では、本人も意識していないときに、何も引き金になる状況はないのに不意に起こり、急速にピークにたっします。持続時間は、ほとんどが10〜15分です。

 

くり返し起こります

人によって違うが、最初の発作から2回目の発作までの間隔は、大体数日から数週間です。2回目の発作のあとは連続して起こるようになり、それが不安を強めます。

 

体の異常は見つかりません

体の検査をしても何も異常はありません。心臓や肺などの臓器の病気のために発作が起こるわけではありません。

 

一日24時間、いつでも起こります

昼でも夜でも、発作が起こる可能性があります。睡眠時の発作は、40%の患者さんに認められます。


【スポンサードリンク】